鉛電池モデル[専用充電器付]

メーカー希望小売価格 | 税込 |

車両本体 ¥495,100  バッテリー ¥54,900

合計金額 ¥550,000

リチウム電池モデル[専用充電器付]

メーカー希望小売価格 | 税込 |

車両本体 ¥517,100  バッテリー ¥277,900

合計金額 ¥795,000

ご購入はこちら
CONCEPT

少量・軽貨物の配達に便利な電動デリバリートライク

LAVITA VAN 500

鉛モデルでも80km、リチウムモデルなら160km走行できます。
容積500L分の荷物を搭載できます。
シンプルなデザインで荷室のラッピングもカンタン。

特徴
近距離配達に十分な走行距離

満充電状態から鉛電池(72V45Ah)モデルは約80km、リチウム電池(72V80Ah)モデルは約160km、走行できます(※2)。(積載重量により走行距離は変動いたします。)

ちょうどいい積載量

容積約500L、最大積載量150kg、少量・軽貨物の配達にちょうどいい荷室です。

パワフルな走行

約150kgの荷物を搭載した状態で約10°の急坂をグングン登ります。(国道の傾斜:最大約6.8°立体駐車場のスロープ:最大約9.6°)

開口部の広い荷室を装備

500Lの荷室装備を装備していますので、様々なデリバリーシーンに対応可能です。
内寸:高さ920mm×幅800mm×奥行き620mm

幅102cmのコンパクトサイズ

駐車スペースをとらないので便利。
狭い道も楽に通れます。
全幅1,020mm 全高1,600mm
軽自動車の最大車幅1,480mmより
ずっとスリムです。

車検・車庫証明不要、ヘルメット不要

側車付き軽二輪なので、車検・車庫証明が不要でヘルメットも不要です。ただし普通自動車免許が必要となります。

安心のメーカー保証

通常の利用内で故障した場合、バッテリー6ヵ月その他機能部品は1年間(又は累計走行距離1万km未満)、無料で保証いたします。

ナンバー取得が簡単

お近くの陸運局に届出し取得してください。(自賠責保険加入必須)

経済的

満充電までにかかる電気代は約65円。約130円(ガソリン1L相当額)で約160km走行可能
※ 1kWhあたりの電気代(円)(税込)=19.88円(東京電力)
※車両の使用状況にもよりますが、約1年のご使用でバッテリーの性能は約10%減少します。

装備

小物入れ、コンビニフック

スイッチ類

サイドブレーキ

荷室

バックモニター

ラジオ・USB充電ソケット

メーターパネル

充電口

Bluetooth スピーカー

オプション装備
ドライブレコーダー
ドライブレコーダー ¥15,000(税込)
ご要望に応じて店舗名・ロゴなどのカッティングシートの作成および貼り付けを承ります。(別途見積)
ベース色はホワイトですが、ご要望に応じてご希望のカラー塗装承ります。(別途見積)
主要諸元
名称(登録)ラヴィータ バン500(側車付軽二輪)
鉛電池モデル
ラヴィータ バン500(側車付軽二輪)
リチウム電池モデル
機種名(型式)LavitaVan500(EVT003)LavitaVan500-L(EVT003-01)
車両寸法(全長/車幅/全高)1,880/1,020/1,600mm
荷室内寸(高さ/幅/奥行き)920/800/620mm
軸間距離
1,270mm
ステップ高260mm
タイヤサイズ前輪:130/60-13, 後輪:135/70-12
本体重量(バッテリー含む)345kg350kg
最大積載量150kg
定員1名
最高速度45km/h ※1
1充電走行距離80km ※2160km ※2
原動機種類3相モーター
定格出力2,000W
最大出力4,000W
バッテリー鉛電池(メンテナンスフリー)
リチウム電池
バッテリー電圧/容量72V45Ah72V80Ah
バッテリー寿命約300回(約1年~2年)※3
約600回(約3年~4年)※3
充電器形式スイッチング・レギュレーター式
フル充電時間約6~8時間 ※4約4~6時間 ※4
駆動方式センターデフドライブ方式
ブレーキ前後輪:油圧ディスク式
登坂角度10゜※5
カラーホワイト

※1 平坦路無風時、乗車重量60kgで測定。
※2 外気温20℃ 平坦路無風時 時速30km 乗車重量60kgで測定。荷物積載重量によって変動しますので、走行距離を保証するものではありません。
※3 バッテリーの充電環境や乗車重量により大きく変動しますので、バッテリー寿命を保証するものではありません。
※4 電圧最低値から最高値になるまでの所要時間。
※5 荷室に150kgの荷物を積載して坂道発進できる角度。
平たん路から助走をつけて登ればより角度のある坂道を登ることができますが、基本的に弊社の電動車両は、約9°の坂を登れる(連続走行できる)ように設計されており、約9°を超える急な坂道(下りも含む)をアクセル全開かつ無停止で連続走行するとモーター及びコントローラーに大きな負荷がかかり製品寿命を短くする危険性がありますのでご注意ください。